ゴルフ上達コラム

メンバーコースの選び方

投稿日:

メンバーコースとは文字通りメンバーによって運営されるコースでゴルフ会員権を販売して、集まった会員によって運営されるコースの事です。

プレーが出来るのは会員権(会員券ではないです)を所有している本人とその同伴者に限られます。

メンバーシップ制ゴルフ場

メンバーコースの選び方(良いコースとムムム・・のコース)

現在千葉県だけでも140余りのコースがあります。

そしてPCサイトで色々なコースをラウンドできるような時代になりました。

そこでラウンドだけではなく一味違った目線でコースを観てはどうでしょう?

まずは進入路、お客様を出迎える玄関口です。

進入路を入った瞬間からゴルフモードになれるかどうか?

ゴルフ場の看板が出迎えてくれていますか?植木の手入れはなってますか?

道は奇麗に整備されてますか?

ゴルフ場の入口

そしてクラブハウスに到着です。

クラブハウス

ポーターさんは笑顔で出迎えてくれましたか?元気に挨拶してくれましたか?

笑顔も無く、元気も無い、挨拶もままならないなんて寂しい限りです。

おはようございますのキャディさん

因みにゴルフ場へスタート40分前に着くとポーターに立っているキャディさんが着く確率が高いですよ。

フロントはどうでしょう?

玄関同様笑顔で挨拶しましたか?フロントはゴルフ場の顔ともいえます。

ゴルフ場のフロント

高級ホテルのフロントとは言いませんが清潔感がありスピーディに対応してくれましたか?

昔はフロント研修でその方のプロを呼んで研修しているゴルフ場が普通でしたが今はあまり聞かなくなりました。。。。

ロッカーやトイレやお風呂は清潔感があると嬉しいですね。

ハウス内でリネンの方とよく出会う所は小まめにお掃除してる証拠ですよ。

ではコースにいきましょう。

ゴルフ場にとってコースは命、毎日朝早くから遅くまでコース管理の方々やキャディさんもメンテナンスをしています。

ここで良いコースとは?

ティーグランドからのロケーション、コースはフロントティーやバックティーがありますが造る際はバックティーから造るので1H位はバックティーからのロケーションを観ては?

その時OB杭やペナルティ杭ばかり並んでいるのはロケーション的にNGです。

OBショット

そしてティグランドからグリーンの見えないいわゆるブラインドコースばかりのコースも寂しいですよね。。

球技でもっとも飛ばせるスポーツなのに刻みばかりでは飛ばす醍醐味半減です。

そして木1本にまで気を使ってるのですが知っていますか?

経験ないでしょうか?この木1本無ければグリーンが狙えたのに。。みたいな。

これも意図的なんです。コースレイアウトに必要だったり、隣のホールの安全木だったり、木1本で日照不足でコースが痛みますからコース側の方は気を使って切ったり植えたりしています。

がしかし、。。。のコースは進行具合ばかり気にして伐採していてロケーションどころではありません。

桜

あとはコースのディボットの目土がちゃんと埋めてあるか?

この目土で翌年の芝付きが変わります。

バンカーもきちんと均しているかや縁が奇麗か砂は程々に入っているかなど。

砂の下からネットなど見えているなどはもってのほかです。

これは手首を痛める最も危険な事です。

このような人為的作業が出来ているコースはとても良いコースだと思います。

印象に残るのはやっぱりグリーンの良し悪しだと思いますがコースは生き物なので時期や天候で毎年変わります。

行ったコースのグリーンがあまり良くなかったったとしても次回は良い可能性は十分あります。

人為的作業はいわばゴルフ場の作業方針、ここで本当のお客様への愛情方針がわかります。

一度違う目線で観てはどうでしょう?

-ゴルフ上達コラム

Copyright© インドア・ゴルフスクール・フィックス【千葉市中央区】 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.